志賀高原 ホテル白樺荘

"白樺荘だより"

カテゴリー: 開花

横手山と笠ヶ岳とクランペット

秋晴れの昨日横手山へ行ってきました。白樺荘が位置する蓮池(標高1,500 m)でも20度を超し日差しが眩しく晴れ間の広がる一日でした。


横手山から望む笠ヶ岳

横手”山”ですが、歩く格好をしていなくても、ぐるっと横手山の天空をお散歩することが出来ます。ただ標高があるので日差しが強かったり、肌寒い日もあるので暑い日でも長袖は必需品です。

国道292号線

①渋峠( 冬季は閉鎖 されてます、長野県と群馬県の県境)まで白樺荘からお車で約20分。

②のぞき(冬季は閉鎖、横手の第2リフト下辺り)まで白樺荘から約15-20分。 ①②までバスでも行けます、お車の方は停めた場所からぐるっと一周します。(昨年まではスカイレーターを往復していましたが、今年からぐるっと一周チケットになりました。渋峠からはリフトの往復は今まで通り可。) もちろん歩いて登山することもできます。


スカイペアリフト(冬季は第三リフト)

小布施サワージェリージャム&クリームチーズ 横手山山頂【満天ビューテラス】

どのスポットでも美味しいカフェがあります、山頂駅2Fではクランペットカフェ。カリッとふわっとしたパンケーキのようなイギリス発祥の軽食パンをクランペットと言うそうです。自家製のジャムやカフェ類もとても美味しくておすすめです!!

県境の渋峠ホテルのパンも美味♪日本一標高の高いパン屋さんは横手山山頂です。


小布施ブラムニー アップルバター キャラメルソース & カプチーノ

笠ヶ岳を見ながら横手山スキー場を下りました。

今回は片道券を利用し、 下りはスキー場を歩きました。別ルートで登山道もあります。 スキー場は両サイドお花畑 でした♪


ヤマハハコ 山母子の群生



笠岳と右手の方は坊寺山も見えます。
ヤマハハコの絨毯

オヤマリンドウ

タチコゴメグサ

2307スカイカフェ @ のぞき
スカイカフェからの景色も最高!
こちらではランチやソフトクリーム他、景色を見ながら頂けます。

一年を通して楽しめる横手山。国道292号線(冬季は閉鎖)で行き来しやすい場所です。夜はのぞきエリアから満天の星を見上げたり、日中は気候によって雲海も見れます。夜明け、朝日を撮影しにカメラマンも沢山きます。

これからは紅葉シーズンですね!

是非、志賀高原にお越しの際はお立ち寄り下さい♪

東館山高山植物園

東館山の高山植物園 では、秋のお花が咲いています。
ナデシコ、ヤマハハコ、アキノキリンソウなどが、広い範囲に咲いています。 山頂からぶえもん池、寺子屋スキー場や 東館山神社まで足を延ばすと、1時間以上のハイキングにもなります。
今日は霧が掛かっていて、遠くの景色は望めませんでしたが、お花を眺めているだけで気持ちが和みました。

タカネナデシコ
ヤマハハコ
ハクサンフウロ
アキノキリンソウとヤナギラン
ここから山頂のほこらまでは徒歩10分位

蓮池ちょっと散歩

 

 

 

 

夕方、湖畔に写る白樺荘が絵画のように見える大好きな場所。

蓮池からの景色です。

 

 

 

ここは白樺荘から徒歩5分で行ける最短で最高のお散歩スポットです。

 

 

昼ものんびり歩きが子持ちよく、ジャイアントから西館山まで一望でき、

今シーズンの滑りを思い出したりしています。

 

志賀レークホテルさんの前から蓮池の遊歩道に入り、山の駅を通るルートは30分程の短い距離ですが

早く目が覚めた朝や夕食後のちょっとしたハイキングにいかがでしょうか🤗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フキノトウの天ぷら

久しぶりの更新ですみません😢

ホテル白樺荘の周辺ゲレンデは4月1日で営業終了になりました。

 

雪が溶けていくのは名残惜しいですが、下からはフキノトウが顔を出しました。

 

 

大量です!!

 

 

若緑色が美しいです❤️

 

 

 

お夕食時に天ぷらで召し上がっていただきました。

 

今後はワラビ、6月には竹の子料理も楽しみです🍴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のお花が見頃です、蓮池周辺

2017年8月2日 13:30 晴れ 気温21.5度C 朝から気持ちの良い天候です。

白樺荘から道路をはさんで蓮池では、ヤナギランやオオバギボウシ、コオニユリなどの野草・高山植物が鮮やかに咲いてます。

梅雨開け後は雨がちの日が多かったのですが、今日は朝から柔らかな日差しで気持ちの良い日です。午後の散歩が素晴らしかった。

アキアカネやアサギマダラも見られました。Facebookに写真をアップしました!

ヤナギランとアキアカネ

ヤナギランとアキアカネ

オオバギボウシ、蓮池湖畔

コオニユリ

↑このページのトップへ